Facebook
公式フェイスブック
健康経営の取り組み

健康経営の取り組み

健康経営の取り組み

健康宣言

夢とアイデアと情熱を支える「健康」

私たちディップを突き動かしてきたものは、dipという社名に込められた『夢(dream)、アイデア(idea)、情熱(passion)』です。
⼼から実現したいと思える夢を抱けば、⾃然とアイデアが湧き、そのアイデアを形にするための熱い情熱が溢れてきます。
夢とアイデアと情熱を持ち続ける上で欠かせないのが「健康」です。
「人が全て、人が財産」を経営の軸とする当社において、「病気にならないこと」だけではなく、心身のコンディションを最適にすることで夢とアイデアと情熱を湧き立たせ、より良いサービスを生み出し提供してまいります。
そして、当社で働く一人一人の幸福とご家族の幸福を実現していきます。

ディップ株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 冨田 英揮

健康経営に取り組む想いと考え

「人が全て、人が財産」を経営方針とする当社において、社員の健康管理は仕事の生産性や社員幸福度に直結する重要テーマの一つであると考えます。それは「病気にならないこと」だけではなく、「今よりもっと活力高く、幸せになること」を目指して推進していきます。そういった想いを込め、健康経営のコンセプトを”心と体を整える”としました。

心と体のコンディションを整えることで、仕事への集中度が高まり、創造性・パフォーマンスを最大化でき、イキイキと働くことができます。そして、仕事の充実は、顧客・ユーザーの満足にも繋がり、そして、プライベート・家族の幸せにも繋がると考えます。

健康経営推進体制

当社では、健康経営推進委員会を設置し、現場の声を拾い上げ健康経営の取り組み改善を促すことを目的に、各拠点から健康経営推進委員会の一員として「健康経営推進リーダー」を任命し、推進しています。

健康状況と必要な対策

当社は、20代社員が7割弱、30代まで合わせると9割を占める若い会社です。その内、女性が47%と男女がほぼ同数です。若い社員が中心の会社だからこそ、活力あふれイキイキと働くこと、女性が半数を占める会社だからこそ、女性特有の健康問題をケアしていくこと、それらを支援することは、企業成長のカギとなります。下記の健康課題の経年変化データから、確実な再検査の実施による重篤化予防や、全国平均に比べてリスクは低いものの生活習慣の運動や食事の改善が必要です。



また、高ストレス者比率が上がっている状況から、心と体を整え、日々の生活習慣を改善していくことが重要と捉えています。正しいヘルスリテラシーを身に着け、心と体を整える取り組みを通して、心身ともに健康な生活習慣を身に着けることができる取り組みを進めていきます。


社員構成比率と男女比

健康経営の取り組み

「健康意識の向上」、「心と体を整える」、「健康的な職場環境づくり」の3つの取り組みを行っています。


ディップの健康経営戦略マップ

【取り組み状況】

■トレッチプログラム参加者数 延べ557名

アンケートコメント(抜粋)

・意識してやらないと習慣にならないので、この様な機会をいただいて感謝しています。空いた時間でやっていこうと思いました。ありがとうございました!(Aさん)

・初参加でしたが良い時間になりました。ありがとうございます。(Bさん)

・本日首のストレッチを行った際に、自分の首が物凄く凝っていることを自覚しました。ありがとうございます。(Cさん)

・もっと時間を長く取ってやってほしいです!(Dさん)

■事改善プログラム 投稿閲覧者数1,450人(76.0%)、実践者数520人(27.3%)

■ウォーキングプログラム参加者数 85名

健康意識の向上

生活改善や適度な運動、メンタルケアについて行動を起こすためには、自身の健康について意識を向ける、興味を持つこと、そして自身の現在のコンディションを認識することから始まります。

<主な取り組み>

・ストレスチェック受診の促進

・健康診断

 法定健診以外に35歳以上の方を対象にドック関連項目も受診できる体制を整え、病気の早期 発見・早期治療に役立っています。

・再検査・要治療者への勧奨

・インフルエンザ予防接種の社内実施

 全従業員を対象に社内でインフルエンザ集団予防接種を促進し、ワクチン費用の全額補助 を行っています。また、リスク管理として、消毒薬の設置、緊急対策用のマスクの備蓄をしています。

・禁煙啓蒙デーの設定

 毎月22日を禁煙啓蒙デーとし、ポスター掲示、喫煙リスクを啓蒙する情報を発信しています。


心と体を整える

自身の健康、コンディションに合わせて、よりよい生活リズムを作る、イキイキと働くことができるための、プログラムを提供しています。

<主な取り組み

~規則正しい生活~


①食事改善プログラム

有資格者(栄養士・食生活アドバイザーなど)や料理・食事改善に興味のある従業員が、食事改善アンバサダーとして、「食にまつわる健康知識」をベースに、具体的な健康食事レシピを社内SNSで発信し、食生活への興味関心を促しています。また毎年、食生活改善普及運動月間(9/1~9/30)を設け啓発ポスターを各オフィスに掲示し、食に対する意識を高める工夫をしています。


スマート・ライフ・プロジェクトHP(厚生労働省):https://www.smartlife.mhlw.go.jp/

~適度な運動~


②ウォーキングプログラム(睡眠プログラム)

病気の改善・予防に役立つ手軽な運動が、ウォーキングです。ウォーキングは、脂肪燃焼効果が高く、中性脂肪の減少や血圧・血糖値にも良い影響を与えるため、肥満の解消や生活習慣病の改善・予防に繋がります。日ごろ運動不足を感じている、寝つきがよくないと感じている、健康のために何かしていと思っている、お散歩好き、など興味のある方は誰でも参加可能です。参加者にはスマートウォッチを配布し、チーム対抗で、歩数、睡眠時間、BMIの平均値を競い楽しみながら、運動することで参加者の悩み解消と持続的な健康を促しています。


③ストレッチプログラム

当社には、マッサージルームを設置し、専門の医療従事者が在籍しています。新型コロナウィルス感染防止に向けたテレワークの推進に伴い、従業員から、運動不足や、長時間座ったままの姿勢による首・肩・腰の不調などの声が多くありました。仕事をしながら気軽に取り組めるオンラインストレッチプログラムで、無理なく楽しく参加できる運動機会を提供しています。

~メンタルケア~


④マインドフルネスプログラム

従集中力を高めることで、自分自身の心身のコンディションを整えられるようにしていきます。基本を学べる短期集中講座を提供しています。アプリも活用し、継続的な取り組みが出来るようにしています。

⑤メンタルヘルスケアプログラム
ヘルスリテラシー向上、自身の健康への興味関心を持ってもらうことを目的に、全従業員が視聴可能なセルフケアのe-learningプログラムを提供しています。スマートフォンでも視聴可能で、移動時間や空き時間などいつでもどこでも気軽に参加可能です。また、視聴後アンケートを取り、コンテンツの拡充や改善を行っています。

健康的な職場環境づくり

健康に意識を向け、自身のコンディションを知り、改善に向けた行動を起こした際に、継続のための環境作りは重要です。管理職とのコミュニケーションをベースに、健康の維持・増進が図れる取り組みを行っています。

<主な取り組み>

・管理職研修(コミュニケーションをテーマにした、内省プログラムの実施(RRT))

・新任管理職研修(メンタルヘルス等)

 メンタル疾患を未然に防止するため、管理職研修においてマネジメント知識レベルの向上に 努めています。

・1on1ミーティングの実施

 全正社員を対象に月1回、1対1による所属上長との個人面談を実施し、直面している 課題の解決や目標達成への支援を行っています。

・復職支援プログラムの充実および病気の治療と仕事の両立支援の拡充

 傷病休職や治療と仕事の両立を目指す従業員への支援体制を整備しています。産業医面談・ 顧問医面談・上司面談・人事面談を実施し、コミュニケーションを深めながら、安心して復 職できる支援をしています。上司からの相談も産業医・顧問医・人事が支援をしています。

・従業員とその家族のためのオンライン医療相談

 従業員とその家族の健康をサポートするために、エムスリー株式会社の企業向けプログラム「M3 Patient Support Program」を導入しています。従業員がアプリを活用し、ドクターへ24時間365日健康相談やセカンドオピニオンの取得などが可能です。メールでの問い合わせに対して、複数のドクターが最短5分で回答します。

・こころとからだの相談窓口の設置(メンタルヘルスケア)

 従業員が自身の悩みや心配事を専門のカウンセラーに相談できる窓口を設置するなど、社員 が気軽に相談できる体制を整えています。また年1回、労働安全衛生法に定められるストレス チェックを実施し、従業員自身が自らのメンタルコンディションを自覚するとともに、職場 でのストレスを把握することにより、ストレス性健康障害を未然に防止する取り組みを行っ ています。

・女性社員のための相談窓口設置

 女性特有の健康問題に対して、安心して相談を出来る環境を整備しています。

・マッサージルームの設置

 東京本社にマッサージ室を設置。専門の資格を有するヘルスキーパーが施術を通して従業員 の身体疲労回復やストレス解消をサポートしています。

・在宅勤務での費用補助

 在学勤務での環境整備のため、机・椅子など購入した際には、1万円以内で購入費用を支給し ています。

・長時間労働対策

 労働時間が一定の基準を超える従業員が確認された場合、勤怠システムから管理職にリアルタイムでアラートが通知され、管理職が該当者の業務時間の改善と業務効率化に向けたマネジメントに取り組む環境を作っています。万が一、協定違反者が発生した場合は、該当者の産業医・人事によるヘルスケア面談を実施し、上長にあたる管理者が改善に向けたレポートを提出することを義務付けています。また、全従業員の労働時間の状況を定期的に取締役会に報告することにより、全社での改善・徹底を促しています。

・コミュニケーションを活性化させるオフィス空間

「日本一コミュニケーションが取りやすいオフィス」をコンセプトに、従業員の創造性を高め、コミュニケーションの活性によって一人ひとりの持つ可能性を最大化させるオフィス空間を整備しています。スタンディングミーティング用のスペースや、偶発的な出会いを生むオフィスステーション、吸音ボードで囲んだ集中作業用のスペースやリフレッシュできるカフェスペースなど、機能性・快適性・創造性・柔軟性を熟慮したオフィス空間で、従業員のモチベーションや業務の生産性の向上をサポートしています。

・安全衛生推進

労働安全衛生法に基づき、衛生委員会(総括安全衛生管理者、衛生管理者・安全推進者、産業医、一般従業員で構成)の定例会合を、毎月実施しています。また、本委員会では、健康経営に関する様々な課題を中心に話し合いを行っています。その上で、改善が必要な事項について検討し、経営者に提言する役割も担っています。


健康経営による成果

社会への健康支援

コロナワクチンプロジェクト(新型コロナウイルス感染拡大防止に向け、有期雇用労働者が新型コロナウイルスに感染し休業した際の経済的支援対策など)の実施


■「バイトル」「バイトルNEXT」「はたらこねっと」を通じて就業しているアルバイト・パート・派遣社員・契約社員などの有期雇用労働者が、新型コロナウイルスに感染した場合の休業時の経済支援

■ワクチンインセンティブを取り入れ、安心・安全な環境づくりに取り組む企業情報を提供する求職者向け「新型コロナワクチン接種の支援がある企業特集」開始

https://www.baitoru.com/pdt/shien2020all/


各種メディアへの掲載

■2021.9.13

日本経済新聞社主催「感染症対策オンラインセミナー」に当社執行役員CHO(最高人事責任者) 鬼頭伸彰が登壇

 https://www.dip-net.co.jp/news/1706

■2021.10.4

ディップ「ワクチンインセンティブプロジェクト」アンバサダーに大迫傑氏が就任。ワクチン接種の話題を中心に、ディップと大迫氏が両者の想いや取り組みについて語る

https://www.dip-net.co.jp/news/1705