Facebook
公式フェイスブック
資源の有効活用

資源の有効活用

資源の有効活用

ディップは気候変動やエネルギー、廃棄物など環境に関する問題は、喫緊の課題であると認識し、全従業員一丸となって環境負荷低減に取り組んでいます。
ディップは限りある資源を有効に使用するとともに廃棄物の発生量を減らし、循環型社会の形成に向けた取り組みを推進しています。


ペーパーレス化

①インターネットに特化した求人情報サービスの運営
当社は創業以来インターネットに特化した求人情報サービスを運営しています。紙媒体での運営が主流だった求人情報サービスのペーパーレス化を推進し、主力サービスによる環境負荷低減に貢献しています。

②タブレット式PCによる営業活動と社内会議のデジタル化
従業員にタブレット式ノートパソコンを支給し、お客様への営業資料として使用する紙の使用量を削減しています。また、オフィス内のフリースペースおよび会議室にモニター画面・プロジェクターを設置し、社内会議のデジタル化によるペーパーレス化を推進しています。

タブレット式PCによる営業活動と社内会議のデジタル化

③電子申込書サービスの導入
電子申込書「kintone」を導入し、取引企業様との契約時に交わす申込書のペーパーレス化を実現。導入後、月間約15,000時間の社内の工数削減を達成し(2018年6月発表時点)、業務効率向上が実現しました。

④クラウド型社内SNSツール(WEB社内報)の導入
2011年より紙の社内報を廃止して、社内イントラネットによるWEB社内報を開始し、紙の使用量を削減するとともに全国の従業員のコミュニケーションを促進しています。2018年には従業員数が約2,000人を超え、事業所拠点が33カ所へと拡大したため、双方向のコミュニケーションをより容易にするために「クラウド型SNSツール」を導入しました。


オフィスにおける3Rの徹底

業務デスク周りのゴミ箱を廃止するとともに、各事業所が所在する地域の分別ルールに則ったゴミ分別ゾーンを設置。廃棄物削減に対する意識の徹底と、3R(リデュース:ゴミの発生抑制、 リユース:再使用、 リサイクル:ゴミの再生利用)に努めています。

オフィスにおける3Rの徹底

新素材「LIMEX」の使用

ディップは2017年11月より株式会社TBMへ出資し、同社が開発・製造・販売する、紙やプラスチックの代わりとなる新素材「LIMEX(ライメックス)」を当社の名刺やポスターに使用しています。「LIMEX」は原料に木や水を使用せず、石灰石とポリオレフィンからの生産が可能であることに加え、LIMEXの印刷物等からプラスチックの代替製品の原料となる「LIMEXペレット」を製造し、プラスチック代替の成形品へとアップサイクルすることができます。当社では不要になったLIMEX名刺やポスターを社内で回収し、製造元であるTBMへ送り、アップサイクルによる循環型社会の形成に貢献しています。