Facebook
公式フェイスブック
働き方改革・ダイバーシティの推進

働き方改革
ダイバーシティの推進

働き方改革・ダイバーシティの推進

少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少や、育児や介護との両立など、働く人のニーズの多様化に伴い、近年、多様な働き方を実現する職場環境づくりが課題となっています。ディップは社員それぞれのライフスタイルに合わせた柔軟な働き方と、すべての社員がパフォーマンスを存分に発揮できる職場環境の実現に向けて、ワーク・ライフ・バランスの実現やダイバーシティの推進など働き方改革を進めています。


1.柔軟な働き方を支える人事制度

ワーク・ライフ・バランスの実現と、多様な人材が個々の能力を最大限に引き出せる職場環境づくりを目指した人事制度を設けています。

◼︎フレキシブルワーク制度(2015年4月より導入)
結婚、出産や子育て、介護や看護など生活における変化が訪れたとき、状況に応じて下記のような働き方をフレキシブルに選択できる制度です。働く日時を月単位で選択でき、フルタイム勤務への復帰も可能です。

・残業の免除
・週所定労働日数の短縮(最短週3日勤務)
・勤務時間の短縮(1日あたり1時間から最大4時間まで30分単位で短縮が可能)
・始業/終業時間の変更など

◼︎テレワーク制度(2016年より導入)
会社以外の場所で業務を行うことができる「テレワーク制度」を導入し、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を支援するとともに、業務効率化を図っています。

◼︎フレックスタイム制度(2016年より導入)
コアタイム(11:00~17:00)に勤務すれば、その他の時間帯は社員自身が出勤・退勤時刻を調整することが可能です。

◼︎アニバーサリー・ファミリー休暇(2016年4月より導入)
各種記念日やファミリーイベントに使える年次有給休暇を2日付与し、家庭生活や私生活の充実・安定を支援しています。

◼︎時間単位年休制度(2018年3月より導入)
これまで、半日・1日単位でしか取得できなかった有給を、1時間単位で取得できるようにし、働く時間の制限を緩和しています。

◼︎服装自由化(2019年3月より導入)
「働きやすさ」の実現と「自分らしさ」を表現するため、自身の判断で自由に服装を選んで勤務する「服装自由化」を導入しています。

2018年度実績
・年次有給休暇取得率 52.8%※1
※1 退職に伴う取得を除く
・所定外労働時間(時間/月) 28.5時間※2
※2 正社員(一般職)を対象とした従業員1人あたりの平均労働時間/年

対象期間:2017年3月~2018年2月

2.出産・育児のための休暇・休業制度

出産後も継続して働きやすい職場環境を整備し、子育てする社員の就労を支援しています。

◼︎育児休業制度
原則として、子どもが1歳になるまで取得することができます。さらに1歳の時点で保育所へ入所できない等の事情がある場合には、2歳になるまで延長も可能です。なお、当社では、育児休業した社員のうちほぼ100%が職場に復帰しています。また、男性社員では2名が取得しています。

◼︎配偶者出産休暇制度
配偶者の出産予定日を起算日として、前後30日ずつ計60日間の間で、7日間取得することができます。

◼︎育児短時間勤務制度
法定では3歳未満の子どもを養育する社員を対象としていますが、当社ではフレキシブルワークを利用することで無期限に短時間勤務を利用することができます。

◼︎子の看護休暇制度
子どもの急な病気、健康診断、予防接種などのために年間10日まで休暇を取得できる制度です。当社では最初の5日までは有給の休暇として扱われ、給与が支払われます。小学校3年生の子どもを養育する社員までが対象となります。


3.女性活躍推進に関する取り組み

2015年、社内の女性社員による、「女性の自立的なキャリア形成力を育む」を目的とするプロジェクト「Full of Worklife Project(通称:Fプロ)」を発足。第1期は、全社から17名を選抜。女性社員のためのキャリア教育啓発誌の企画・発刊に取り組む。第2期は、40名に拡大。社内啓発イベントやセミナーなどの企画・運営に取り組む。第3期は、100名体制に拡大。男性管理職の育成を目的としたBOSS Fプロも発足し、100名の女性社員のキャリアシェアブック発刊、Fカフェの企画・実施など、形態を変化させながら積極的に取り組んでいる。2013年には、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣より認定を受け「くるみんマーク」を、さらに2017年2月には、厚生労働大臣から女性活躍推進が優良な企業に与えられる「えるぼし」(最高段階である第3段階)を取得しました。

実績
■女性比率
2019年3月 46.7%
■女性管理職比率推移
2016年度 26.3%
2017年度 26.4%
2018年度 31.3% ※上場企業平均5.1%
■産休育休
取得率 2017年度 100.0%
復帰率 2017年度 100.0%

対象期間
2016年度:2015年3月~2016年2月
2017年度:2016年3月~2017年2月
2018年度:2017年3月~2018年2月
女性活躍推進に関する取り組み

4.障害者雇用の促進

ディップでは、障害者の雇用を積極的に行うとともに、障害者にとって働きやすく魅力的な職場となるよう、社員の理解とサポートに努めています。また、全国求人広告協会が実施している「障がい者雇用キャンペーン」に、当社の求人情報サイト「バイトル」「はたらこねっと」も賛同し、障害者雇用案件の無料掲載等のキャンペーンを実施。事業を通じた障害者雇用支援を推進しています。

当社の障害者雇用率推移
・2016年度 2.0%
・2017年度 2.1%