公式フェイスブック

トップ
メッセージ

トップメッセージ

Evolution― Labor force solution companyへの進化

株主の皆様には、平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
当連結会計年度における我が国の経済は、雇用・所得環境や企業収益の改善が続き、全体として緩やかな回復基調で推移いたしました。
国内の雇用情勢につきましては、2019年2月の完全失業率(季節調整値)は2.3%と低位で推移し、有効求人倍率(季節調整値)は1.63倍と、引き続き高水準で推移しております。
このような環境のなか、人手不足を背景とした多くの求人ニーズが当社サービスに寄せられており、当社は2018年4月には296名の新卒社員を受け入れたほか、営業拠点の新設(2拠点)及び増床・移転(4拠点)を行うなど、営業体制の基盤強化に努めてまいりました。
主力事業である人材サービス事業におきましては、営業力及び商品力の強化に継続して注力するとともに、ブランド力の向上及びユーザー層の拡大を図ってまいりました。
これらの結果、当連結会計年度の連結経営成績は、売上高421億76百万円(前期比10.8%増)、営業利益127億45百万円(同18.0%増)、経常利益125億77百万円(同16.5%増)、親会社株主に帰属する当期純利益89億10百万円(同18.3%増)となりました。
なお、当社は2020年2月期より、求人広告メディアを主軸とする事業ドメインを拡大し、『労働力の総合商社』として、求人広告を通じた人材採用の支援に加え、AI・RPA(Robotic Process Automation)を活用したサービスの開発及び提供を行う事業を開始いたしました。これにより当社は、構造的な人手不足をはじめとする労働力に係る諸課題を解決する“Labor force solution company”に進化いたします。先端テクノロジーも活用し人手不足の解消を図ることで、当社は日本の労働市場における諸課題の解決にさらに貢献してまいります。
株主の皆様におかれましては、引き続きご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

ディップ株式会社
代表取締役社長 兼 CEO
冨田 英揮