ホームIR情報トップ > 経営方針 > トップメッセージ
IR情報

トップメッセージ

求人需要の高まりと、求人広告の紙からインターネットへのシフトが進むなかユーザー・クライアントの支持を受け、高い業績成長を実現

 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます
 当事業年度における我が国の経済は、雇用・所得環境の改善が続き、全体として緩やかな回復基調で推移いたしました。一方で、世界経済は、英国のEU離脱や中国を始めとするアジア新興国・資源国の景気減速、米国の政権移行の影響等により、先行きは不透明な状態にあります。
 国内の雇用情勢につきましては、平成29年2月の完全失業率(季節調整値)は前事業年度末と比較して0.5ポイント減少の2.8%となり、有効求人倍率(季節調整値)は1.43倍と前事業年度末から0.15ポイント上昇となりました。
 このような環境のなか、当事業年度は4月に352名の新卒社員を採用し、営業拠点を5拠点新設(全32拠点)することにより、営業体制の基盤強化に努めてまいりました。
 また、主力事業であるメディア事業において、営業力及び商品力を継続的に強化するとともに、前事業年度に引き続き積極的な広告宣伝投資を実施し、認知度の向上及びユーザー層の拡大に努めてまいりました。
 これらの施策に加え、メディア事業の「バイトル」、「はたらこねっと」において、求人需要の高まりが継続したこと等により、当事業年度の売上高は331億78百万円(前年同期比23.8%増)となりました。営業利益、経常利益につきましては、新卒社員の入社等による人材投資及び積極的な広告宣伝投資を実施いたしましたが、売上高が堅調に推移したことにより、営業利益91億19百万円(前年同期比27.3%増)、経常利益91億41百万円(前年同期比27.5%増)、当期純利益は61億67百万円(前年同期比31.9%増)となりました。
 最後に、当社は2017年3月14日に、20周年の設立記念日を迎えることとなりました。これもひとえに、皆様のご理解とご支援の賜物と深く感謝いたします。今後も継続的な企業価値の向上に邁進する所存でございますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

ディップ株式会社
代表取締役社長 兼 CEO(最高経営責任者)
冨田 英揮