dip

recruitment

中途採用

これから、サービスをいくつも立ち上げ、
拡大していく。

これから、サービスを
いくつも立ち上げ、
拡大していく。

管 智彰 KAN TOMOAKI プロダクト マネジャー / 2020年入社
PROFILE SIでの開発にてキャリアをスタート。その後、大手通信企業にて基幹システムの開発、事務機器メーカー系列の金融会社にてRPA・チャットボット・ローコード開発の導入などを経験。ディップには2020年1月に入社。「小さい会社だからといってハンデを負うことのない世の中にしたい」をモットーにしている。

小さな組織で、スピード感をもって働きたかった。

小さな組織で、スピード感を
もって働きたかった。

前職までは、割と大手の企業に勤めていました。ただ、組織が大きいだけに、スピード感、裁量ともに満足できないところがあり、もう少し小さな組織で、スピード感をもって働きたいなと思い転職を決意しました。そんなときに出会ったのがディップです。
入社してから約1年の間に、『面接コボットライト』などのPjM(プロジェクトマネジャー)、『面接コボット』のPdM(プロダクトマネジャー)などを担当してきましたが、想定していた以上にいろいろなことを任せてもらっていますね。「スピード感をもって働きたい」と思って転職したものの、最初は想定以上のスピードや前職との違いに戸惑ったこともありますが(笑)戸惑ったのは最初のうちだけで、徐々にディップのやり方にも慣れ、望んでいた働き方ができるようになりました。
PdMとして仕事をする上で、日常的な意思決定は完全に任せてもらっています。ある程度の投資が必要な場合も、週に1度は事業本部長の三浦と各マネージャー陣とのミーティングを行っているので、その際に説明してOKをもらうという進め方です。以前の会社だと「ハンコをいくつももらわないといけない」「説明すべきレイヤーが何人もいる」といったことがあったのですが、そういった形骸化した業務はほぼなく、スピード感をもってプロジェクトを進められています。

みんな目線が同じ。
プロダクトや事業の成長に向けて意見を出し合える。

みんな目線が同じ。
プロダクトや事業の成長に向けて
意見を出し合える。

『面接コボット』を担当してからは、まずは品質の安定化に取り組みました。半年ほどかけて開発体制、開発プロセスの改善を進め、最近ではより高い付加価値を提供するための新機能追加などを検討・推進できるようになりました。
そんな中、ディップで働く上でいいなと思うのは、「みんなが同じ目標に向かっている」ところです。たとえば『面接コボット』の場合、開発チームだけでなくCS、営業推進などと6~7名のコアチームをつくり、毎週新たな改善、機能追加についてミーティングを行っていますが、みんな「自分の立場を守るため」ではなく「プロダクトを良くするため」「事業の成長のため」に意見を出してくれます。顧客の声やさまざまなデータを参考にしながら、「これを実装するとこのお客様は喜ぶかもしれないけど、残りの9割の方にとっては不利益な変更になるなどといった、「社内の特定の誰かのため」でなく、多くのお客様にとってのメリットについての会話を部署を越えて行えるので、ブレなく、スピード感をもってプロダクトの開発を進めることができます。
ディップにはたくさんの営業がいるので、全社にアンケートを取ってどんな機能が必要か、どんな機能がほしいかを集めることもあり、要望が多い機能について順次開発・リリースを繰り返しています。こういった機能追加や改善について、お客様の声や営業の声、各機能のアクセス状況などを見ながら日々取り組んでいます。

ひとつのサービスにとらわれず、立ち上げ
拡大に何度も立ち会える。

ひとつのサービスにとらわれず、
立ち上げ
拡大に何度も立ち会える。

「2024年2月期までにDX事業で450億円」という大きな目標を掲げています。そのため、今後も各業界・各業務において、DX化を推進するさまざまなサービスを開発していく予定です。
PdMのやりがいのひとつとして、「サービスをじっくり育てていく」というものがありますが、これからどんどん新しいサービスを立ち上げていくため、「サービスの立ち上げ、拡大フェーズに何度も立ち会える」という魅力もあります。自分自身でサービスを育て、1から10にしていく。そのフェーズをいろいろなサービスで体験できる。そしてその一つひとつが自社の売上にもつながっていく。こういった経験は、他社ではなかなかできないのではないでしょうか。
スピード感をもち、裁量をもって、たくさんのサービスに携わりたい。そんな方であれば、きっとディップでの仕事を楽しめるはずです。

pagetop