dip

recruitment

中途採用

メディアプロデュース/マーケティング

メディアプロデュース/
マーケティング

仕事概要

[ メディアプロデュース ]
「バイトル」、「はたらこねっと」、「バイトルNEXT」、「ナースではたらこ」等自社媒体のサービス企画を行います。戦略立案、グロースハック、SEO、コンテンツマーケティング、CRM、データアナリティクス等のチームに分かれ、企業・求職者の満足度向上のための企画立案、実行を行っています。

[ マーケティング ]
自社媒体のWeb・アプリ広告の宣伝活動、効果分析を行います。またオフライン広告(CM、交通広告、イベントなど)を中心とした施策の企画立案、実施、効果レポートの作成、広告代理店をはじめとした外部協力会社のディレクションを担っています。

ミッション

労働力が不足している昨今、企業の人材に関する課題は「採用」だけではなく「定着・活用」まで多様化しています。また求職者は、仕事・働き方の選択肢の幅が広がり、数ある仕事情報の中から、自身にマッチする仕事を選ぶことの難度が高まっています。メディアプロデュース職では、企業と求職者双方の課題解決のためのサービスを生み出し、企業と人のより良い出会い(マッチング)を創出し、社会を改善していくことをミッションとして掲げています。

やりがい

「働きたい」という求職者のニーズに対し価値提供が出来る、
社会貢献性の大きい仕事
自分自身が企画に携わったサービスで、
求職者と求人企業とのより良い出会いを創出し、
働く人、採用企業双方の営みを豊かにする手助けができる。
業界初のサービスを生み出し、
仕事探しにおける新たなスタンダードを創りだすことができる

組織長からのMESSAGE

クリエイティビティと
データの両立で、
まだ見ぬサービスを生み出す。

宮内 俊樹

メディアプロデュース統括部長

クリエイティビティとデータの両立で、
まだ見ぬサービスを生み出す。

クリエイティビティと
データの両立で、
まだ見ぬサービスを生み出す。

宮内 俊樹 MIYAUCHI TOSHIKI メディアプロデュース統括部長
PROFILE2020年11月中途入社。前職の大手ITサービス企業では社会貢献サービスの全体統括、大阪開発室本部長などを担当。現在は「バイトル」「はたらこねっと」「バイトルNEXT」3媒体の編集長と、ディップ総合研究所の所長を兼務。

目指す組織

スマホ、5G、DX。今、世の中がものすごいスピードで変化を遂げています。だからこそ大切にしたいのは「Art & Science」。たくさんのデータが取れるようになった現代において、データをもとにした緻密な戦略を立てることは必須です。でもそれと同時に、人が本来持っているクリエイティビティを最大限発揮し、今までになかったサービスを生み出すことも大切。これからのサービス企画職においては、どちらか一方に偏るのではなく、この両軸を回すことが必要だと考えます。
また、スタートアップ企業が台頭する中、それらのアイデアを「小さく速く試す」ことも大切です。企画と開発チームとの距離を縮め、大企業であるディップにおいても一人ひとりが主体性を発揮できるよう、スモールチームで動ける体制づくりを進めていきます。

求める人材像

世の中の変化のスピードが速まる中、「自分で考えて自分で動ける=プロアクティブな人」であることはとても重要です。その上で、データをもとにロジカルに考えられる、クリエイティビティがある、インターネットが好き、などが必要になってきます。
でもいちばん重要なのは、「こういったサービスをつくりたい」「世の中をこう変えたい」という意志を一人ひとりが持っているかどうか。世の中にはバイトルを始めたくさんの求人サービスがありますが、まだまだ完成形ではありません。みんなが意志を持って、クリエイティビティとデータを大切にして、今までになかった新しいサービスを生み出す、そんな組織にしていきたいです。

INTERVIEW

pagetop