dip

recruitment

中途採用

ENTRY

開発部門を育て、
社会に欠かせないサービスをつくる。

田端 莉紗 TABATA RISA スマホアプリエンジニア チーフ / 2018年入社
PROFILE2018年11月ディップ中途入社。前職のSIerではiOS/androidアプリの開発に従事。現在はその経験とスマホアプリの幅広い知識が評価され、プロジェクトリーダーを担当。マネジメント面、技術面の両面から周囲の信頼を得ている。

成長に貪欲な人が多い。
良い意味で驚きました。

ディップは社員数が約2,000名という規模で東証一部上場している会社なのに、守りに入らず技術面でも挑戦的な取り組みを続けているところに惹かれました。「新たな技術にどんどん挑戦している」という言葉は、どの会社でも打ち出しがち。ここだけの話、実は最初は疑っていました。しかし、面接の中で「kotlinまたはswiftって知っていますか?今取り入れようとしている言語なんです」と、具体的な技術名が出てきて、調べてみるとマイナーな言語。これは本当に新しいことをどんどん取り入れている会社なんだな、と信じることができました。さらに、面接官の皆さんから具体的なビジョンが聞けたことで、入社への不安は一気に無くなりましたね。
実際に入社してみると、皆さんの技術に向き合う姿勢に、良い意味で驚きがありました。私のイメージでは、「ニュースで新しい技術を見たんだけど、ちょっとやってみない?」「いいね!」といった軽い流れの中で新たな取り組みが決まるのかと思っていましたが、全く違ったんです。英語ばかりの記事も必死で読み、その技術についてきちんと調べて、内容をまとめてプレゼンし、みんなで合意してから取り入れている。本当に成長に貪欲な人が多いですね。全員が「システムを良くしていこう」と思って行動している姿勢を強く感じました。

やれることは全部やり、
かならず成果を出す。

現在私は、社員・派遣・パートの仕事を紹介する『はたらこねっと』のサービスアプリに関する大規模改修のプロジェクトリーダー(以下PL)を担当しています。実作業をお願いしている外部プログラマーの方のコントロールやコミュニケーションが主な仕事ですが、企画担当や上司との調整業務も行っています。マネジメントと言いつつも、実作業のスケジュールが遅れそうになったら若干手を動かすことも。AndroidとiOSの両方を通して見られる人がチームにあまりいないので、マネジメントをしつつ現場にも出ていく、SE兼PLのような立ち回りですね。会社からもそういう動き方を期待していると言われていますが、欠かせない仕事を任されている実感があります。
このプロジェクトで学んだのは、システムのことがわからない人との仕事の進め方です。企画からイメージを受け取り、実際の形へと詰めていく作業は特に苦労しました。「これでどうですか?」「こういうことですか?」というすり合わせのコミュニケーション量が前職までとは比ではありませんでした。ただ、そうして話す機会が増えるうちに、開発側からの新しい技術の提案や調整もしやすくなりました。大変な経験は、成長の機会。案件を通して構築した関係性を、別のプロジェクトでも活かすことができればと思っています。

開発部門が育つ、
良いサイクルをつくっていく。

現在、『はたらこねっと』のアプリのPLを担当しています。社歴も短い中でPLを任せられたからには、必ずユーザーにもっと愛されるアプリへと変えていきたい。そして、サービス自体の大きな成長につなげられればと思っています。現状『はたらこねっと』の会員数は『バイトル』と差が開いているので、もっと知名度を上げ、もっと登録を増やしていくことが今のミッションだと考えています。
逆の見方をすれば、『はたらこねっと』はまだまだ伸びしろがある。「自らが担当するプロジェクトが成功する事によって、成長しました」というシナリオを実現できれば、部署が評価され、みんなのモチベーションが上がる。予算も増え、人も増やせて、新たな開発に力を注げる。そんな良いサイクルをつくっていきたいなと思っています。


※個人情報保護のため、偽名記載しています
pagetop