dip

recruitment

中途採用

ENTRY

人も、資金も、環境もそろう。
「夢」で終わらせない、大きなチャレンジ。

手塚 健太郎 TEDUKA KENTARO 事業企画 DXコンサルタント マネジャー / 2020年入社
PROFILE人材派遣会社での営業職、支店長、ベンチャー企業でのエリアマネジャーなどを経験。ディップには2020年4月に入社。現在はRPAコンサルティングと兼務で事業企画を担当。

「営業」という枠にとらわれず、
「事業の成功」に向けてやるべきことを。

ディップに入社したのは、過去に同じ会社で働いていた現営業統括部長の松田に誘われたのがきっかけです。2019年に立ち上がったDX事業にかける想い、今後の展望などを聞き、「それなら一緒に働きたい」と思い、入社を決めました。
ディップは東証一部上場の比較的大きな企業ですが、DX事業の組織はまさに「ベンチャー・スタートアップ」という雰囲気で、事業のピボットや日々の課題の移り変わり、スピード感はベンチャーそのものです。もともとはRPAコンサルティングサービスのマネジャーとして入社した私も、数ヵ月後にはDXマーケット開拓に向けた商品企画へ、そして現在では事業部全体の営業戦略を考える事業企画へと、事業の変化に合わせて役割、ミッションが変わっています。
変化が苦手な方には少し厳しい環境かもしれません。しかし常に新しいことを考えるのが好きな私にとっては、「営業」という枠にとらわれず、いろいろな役割、可能性にチャレンジできるのはとてもありがたいです。

ただの「夢」で終わらせない。
ディップならいろいろな「可能性」を検討できる。

私は過去にベンチャー企業での仕事も経験していますが、ベンチャーだと「商品が良くても販路がない」「アイデアはあるけど資金がない」などの理由で施策を諦めざるを得なかったり、事業の継続が困難になるということがありました。
しかし、ディップの場合は人材サービス事業において約1700人の営業人員と大きな顧客基盤を抱えているので、「サービスはできたけど販売する先がない…」と悩むことはありません。RPAのコンサルティングサービスを担当していたときも、「こういったお客様に対してこういった提案ができるのでは?」というアイデアが出てきたら、すぐに人材サービス事業のメンバーに声をかけ、お客様を紹介してもらえました。さらに、そこで1社でも事例ができると、数百、数千のクライアントに横展開することも可能です。また、2024年2月期までの5年間で、500億円の投資を行う予定もあり、事業に必要なことであればしっかりと投資ができます。ベンチャー時代に「お金さえあれば」「人さえいれば」と思っていた夢、計画も、ディップなら実行に移すことができます。
別の観点で見ると、サービスや事業を「大規模にフィジビリできる」とも言えます。ディップのお客様に対して、実際に新商品を使用していただき、その結果やフィードバックをもとに、数十社に販売するのとは違うレベルでPDCAを回せるので、事業をより成功に導きやすくなるのです。

今の延長線じゃ届かない。
だからこそワクワクできる「5年で450億円」という目標。

事業本部では「5年間(2024年2月期)までにDX事業で450億円」という目標を掲げています。正直、かなり大きな目標です。しかし、設立して間もない事業部がこれを達成できたら本当にすごいことだと思いますし、ディップなら、このメンバーとなら実現できると信じています。営業基盤も、資金も、人も、この事業を成功させるための武器はそろっています。あとは、私たちがそれをどのように生かし、この目標を達成するかだけです。
今、事業企画という立場で、まさにこの計画を立てている最中です。現場の営業にとっては、どうしても目先の売上が大事です。だからこそ私が一歩引いた立場で450億円までのロードマップを敷く必要があると感じています。既存の顧客に販売するだけではいずれ限界が来ますし、今の延長線上では450億円という大きな目標は成し遂げられません。どのような戦略を持って、これを実現可能なものにしていくのか。決して簡単な目標ではないからこそ、実現に向けてワクワクしています。

pagetop