dip

recruitment

中途採用

kv

人事制度

当社は、「最速で一流のプロフェッショナルに育つ」、「勝ち続けるための競争力を磨く」、「仕事の充実とワーク・ライフ・バランスのとれた働きかたで人生を成功させる」というポリシーのもと、様々な制度を整えています。代表的な制度を、以下にご紹介いたします。

評価・報酬

評価制度

当社の人事評価は、1.スタンス(当社が求める業務への取り組み姿勢)2.業務を行う上での基本的なスキル・行動 3.業績 の3つの項目で構成されています。初期の成長段階ではスタンスやスキル・行動といった基準が重視され、段階が上がるほど業績のウェイトが大きくなっていきます。新入社員はスタンスとスキル・行動評価が6割を占めています。

報酬体系

当社の毎月の給与は、「基本給」と「みなし残業手当」により構成されています。「みなし残業手当」は、1か月30時間(1日1.5時間)分を働いたものとみなし、固定残業代として支給されます。(みなし残業時間を超えて働いた場合は、超過分について別途「残業代」が支給されます)なお、営業職に従事する場合は、このほかに「営業手当」が一律支給されます。(スタッフ職は支給対象外となります。)当社では、年に2回の人事評価を行っており、この人事評価に基づき年2回の給与の見直し(昇給など)が行われております。

賞与

当社は賞与制を導入しております。年2回(6月と12月)に支給されますが、会社業績、個人業績等に応じて、支給額が決定されることとなっています。※6月支給分は、前年の9月から当年2月までの業績、12月支給分は、当年3月から8月までの業績に応じて決定されます。

インセンティブ制度

コンサルティング営業職については、毎月の個人目標や組織目標の達成状況に応じて、毎月の給与とは別に、インセンティブ(報奨金)が支給されます。高い成果をあげるほど、高いインセンティブを受け取ることができます。全営業職の内、インセンティブを獲得している社員は実に97%で、年間獲得額平均では一人あたり約35万円、トッププレイヤーになると約300万円近く獲得しています。このインセンティブは、毎月支給されるものと、賞与時に支給されるものがあります。

等級

当社では、社員の成長の度合いに応じて「等級」が上がります。年に2回実施される人事評価に基づき「昇格」が決定され、S1、S2、S3(チーフ)、S4(リーダー)の等級を経て、管理職(課長・部長)にステップアップしていきます。当社は年功主義(年功序列)ではなく成果・能力を重視しており、新入社員として入社してから4年目で課長、7年目で部長に抜擢されている社員もいます。なお、管理職に昇格した後は、組織マネジメントの役割を担うキャリアを「組織マネジャー」、プレイヤーとしての役割を担うキャリアを「プレイングマネジャー」と位置づけ、複線型でキャリア形成をしていくことができます。

表彰

表彰制度

当社には、月・四半期・半期・通期と、一定期間ごとに成果をあげた社員や貢献度の高い社員への表彰を行っています。中でも、「通期表彰」は、年間を通して最も高い成果をあげた社員が対象となり、「通期表彰」の表彰式は、「社員総会」で行われるため、全社員から賞賛を受けることになります。

報酬旅行

「通期表彰」の受賞者には「報奨旅行」が授与されます。2018年度は150名の社員がハワイへの切符を手にしました。

永年勤続賞

永年勤続者の慰労・リフレッシュを目的として、5年毎に祝金支給・特別有給休暇付与・表彰を行います。勤続年数に応じて5万円~30万円の祝金の支給と、3日~15日の特別有給休暇を付与しています。

教育・研修

内定者研修

社会人としてのスタンスやビジネスマナーはもちろん、人材サービス業界や当社の事業についてより深く学びます。

新入社員研修

(1)導入研修:入社後1週間程度、社会人の基礎を学ぶ集合研修です。研修を通じてスタンスをしっかりと固め、当社の社員としての自覚を持ち、社会人としての第一歩を歩み始めます。研修の最後は1泊2日の泊まり込みの研修で締めくくり、盛大に入社セレモニーを行います。
(2)実務研修:各事業部に分かれた実践型の営業研修です。主にテレアポや商談ロールプレイングなど、営業フローの一連の流れを実践的に学ぶ現場配属前の研修となります。
(3) OJT研修:配属された部署の上司・先輩から指導を仰ぎながら、実際の営業活動を通して、一つ一つ知識やスキルを習得していく研修です。
(4)新卒フォローアップ研修:入社半年後に行われる研修です。半年間を振り返り、自身の成長した点や課題を明らかにするとともに、その原因を考えたうえで、目指すべき姿を設定し、そのためのアクションプランを考えます。

入社2年目以降

昇格者研修、能力開発研修、管理職研修などを年に複数回実施しています。

ディップ大学

オンラインや通学等、社員の希望に沿って、学びを支援するための研修プログラムです。
1年目のみ必須受講がありますが、その他は個人の志願や選抜により各プログラムを受講します。
規定を満たした場合、半額~全額を会社で負担します。

-課題図書レポート(全新卒必須)
社会人の基礎となるスタンスや読書習慣の定着や要約力を身に付けるために、指定図書から毎月1冊選びレポートを提出します。

-オンライン動画学習
指定の動画学習サイト3社(※1)から視聴したい動画を選択し、隙間時間を利用し受講して受講が可能です。
開始から3か月後に視聴した動画で得た気づきのレポートを提出します。

-ラーニングサポートプログラム
社員が自己啓発のために社外で教育を受けた場合に、当該費用の1部を会社が補助する制度です。
通信教育や社外講座が対象となり、業務に関連するものとして上長の承認が得られた場合に適用されます。

-グロービス選抜研修
次世代を担う経営人材の育成を目的とした選抜社員向けの教育プログラムです。
日本最大のビジネススクールである「グロービス・マネジメント・スクール」の単科コースを無料で受講することができます。
現在までに約300名(※2)が受講しています。

(※1)ビジネスブレイクスルー大学が提供する動画コンテンツに加えて、2018年からSchoo・グロービス学び放題も追加となりました。
(※2)2018年2月現在の受講者数

キャリア開発

目標設定・評価フィードバック面談

半期ごとに目指すべきスタンス、スキル・行動、業績について、上司と共に目標設定し、半年後、その成果について、上司からフィードバックを受けます。成果を振り返り、次の半期に向けて、何をどのように取り組むべきかなどについて上司からアドバイスを受け、次の半期の目標設定を行います。

ツキイチ (月次個人面談)

上長がメンバーの直面している課題の解決や、目標達成、キャリアアップへの支援を目的として行われる1対1による月1回の個人面談のことを指します。普段の業務とは別に、対面コミュニケーションの機会を増やすことでメンバーの内省をサポートする役割を果たします。

社内公募制度・自己申告制度

等級や勤続年数に関わらず、自らの意志で他部署・他職種への異動を申告することができる制度です。主体的なキャリア選択を支援しています。

ドリームインキュベーション制度(新規事業立案制度)

「これからのディップを支える新たな事業を創造していきたい」という、社員の夢・アイデアの実現をサポートする制度です。
提案された新規事業の計画が採用された場合、新部署または子会社の立ち上げを行い、原則として、提案者が事業の責任者または推進者となります。サービスの企画開発を担当している部署の社員が事業化を全面バックアップいたします。

働き方・福利厚生

出産・育児のための休暇・休業制度

(1)育児休業制度
原則として、子どもが1歳になるまで取得することができます。さらに当社では、1歳の時点で保育所へ入所できない等の事情がある場合、2歳になるまで延長も可能です。なお、当社では、育児休業した社員のうちほぼ100%が職場復帰して働き続けています。もちろん男性でも育児休業の取得が可能です。実際に取得した社員もおり、男性の育児を応援する風土があります。※育児休業中は、給与の支給はありませんが、子どもが1歳6ヶ月になるまで雇用保険(ハローワーク)から育児休業給付金が支給されます。

(2)配偶者出産休暇制度
配偶者の出産予定日を起算日として、前後30日ずつ計60日間の間で、7日間取得することができます。

(3)育児短時間勤務制度
法定では3歳未満の子どもを養育する社員を対象としていますが、当社ではフレキシブルワークを利用することで無期限に短時間勤務を利用することができます。

(4) 子の看護休暇制度
子の看護休暇は、子どもの急な病気、健康診断、予防接種などのために年間10日まで休暇を取得できる制度です。当社では最初の5日までは有給の休暇として扱われ、給与が支払われます。子の看護休暇は、小学校3年生の子どもを養育する社員までが対象となります。

フレキシブルワーク

結婚、出産や子育て、介護や看護など生活における変化が訪れたとき、状況に応じた柔軟な働き方を支援することで、仕事(ワーク)と生活(ライフ)の両立を図る制度です。
・ 残業の免除
・ 週所定労働日数の短縮(最短週3日勤務)
・ 勤務時間の短縮(1日あたり1時間から最大4時間まで30分単位で短縮が可能)
・ 始業/終業時間の変更など
から、実情に合わせて働き方を選択することができます。

フレックスタイム制度

コアタイム(11:00~17:00)に勤務すれば、その他の時間帯は自ら出勤・退勤時刻を調整することができます。
※原則としてS2等級以上の社員が対象となります。育児、介護など特別な事情がある場合は、S2未満の社員にも適用することがあります。

テレワーク制度

場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を支援する制度で、会社以外の場所で業務を行うことができます。 フレックスタイム制度との併用も可能です。
※原則としてS2等級以上の社員が対象となります。 育児、介護など特別な事情がある場合は、S2未満の社員にも適用されることがあります。

副業・兼業

一億総活躍社会を目指し政府が行う「働き方改革」を、当社でも人事テーマとして掲げ、施策の一つとして、副業・兼業を解禁いたしました。当社外での就業機会により、「新たなスキルや専門性を身に付ける」「新たな人脈を築く」ことで、自身をさらに成長させ、力を磨く機会にしてほしいと思っています。
※副業・兼業の内容や健康管理の観点から従事する時間等を鑑みて許可を行います。

ESOP(退職金制度)

自社株式を退職金として支給する制度です。
勤続年数や等級(役職)に応じてポイントが積算され、退職する際に、その積算されたポイント数に応じて、自社の株式が付与されます。付与された株式を現金化することも、そのまま保有することも可能です。社員の業績向上への努力が株価の上昇に繋がり、結果として受け取る退職金額が大きくなります。

従業員持ち株会

社員が自社の株式を定期的に取得・保有し、中長期的な資産形成を行うことを支援する制度です。
給与から一定金額 (1千円単位) を、毎月少しずつ積み立てることで、無理なく株を購入し、株主になることができます。購入にあたり、会社からの補助を受けることもできます。

財形貯蓄

社員の貯蓄、老後の資金づくり、持ち家取得の促進を目的とした制度です。
「住宅財形貯蓄」 「年金財形貯蓄」 「一般財形貯蓄」の3種類があり、全て取り扱っています。毎月一定金額を給与から天引きのうえ貯蓄するため、無理なく貯蓄することができることが特徴です。税制面での優遇や各種融資を受けることもできます。

DC(確定拠出年金)制度

毎月の給与から一定額を拠出して、それを社員が自ら運用する年金制度です。
積み立てたお金は、60歳以降に年金または一時金として受け取ることができます。各種税制メリットが受けられるなど、普通に貯蓄するよりも有利に資産形成が行うことができます。

pagetop