産学連携「ディップ×明星大学」 事業開発コンテストで最優秀賞決定 日本初の部活動専用アプリ『SHIAI』が誕生! 「試合相手やスポンサーをアプリで探す」 1都3県の大学を対象に10月1日事前登録スタート

2018年 9月28日

報道関係各位
 ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮、以下 ディップ)は、明星大学経営学部伊藤ゼミナール(日野キャンパス:東京都日野市、准教授:伊藤智久、以下 伊藤ゼミ)との産学連携において、新規事業開発の体験授業を行い、学生チーム対抗コンテストで最優秀賞に選ばれた部活動専用アプリ『SHIAI』(しあい)(http://shiai.strikingly.com/)の立ち上げを支援いたしました。なお、本アプリの事前登録を10月1日(月)より開始いたします。

1.png

『SHIAI』とは

 『SHIAI』は、練習相手を見つけ、就職チャンスを同時に掴む日本初の部活動専用アプリです。部活動をしている学生50名にディップが独自でインタビューを行ったところ、「練習試合の相手が見つからない」「部活動と勉強を両立しながらの就活に不安を感じている」等の課題が挙がり、その課題解決に着目したサービスが本アプリです。

2’.png

『SHIAI』デモサイトはこちら : http://shiai.strikingly.com/

 『SHIAI』を利用する学生は、カレンダーから練習試合相手を約30秒で見つけることができ、同時に試合の企業スポンサーも見つけることが可能です。スポンサー企業は、1試合あたり数万円程度の協賛金で、採用対象となる大学生との接触やマーケティング等に活用することができます。サービスは関東エリア1都3県の大学の部活動から、全国へ展開していく予定です。サービス開始に向けた検証のため、2018年10月1日(月)よりデモサイトにて事前登録受付を開始いたします。

産学連携について

 ディップでは2017年4月よりAI・人工知能ベンチャー企業を対象とした新規事業創出を目指す日本初のアクセラレータープログラム「AI.Accelerator(http://ainow.ai/accelerator/)」を開始し、すでに40社を超える支援活動を行なってまいりました。
 一方2012年の政府統計で、在学中の学生起業者は約4,000人。2007年の約9,000人弱に比べると、学生起業家は減少傾向となっています。そこでディップは学生起業家の育成・支援に着目し、より多くの大学生が事業創造の工程を学び、楽しさを実感していただくため、伊藤ゼミと産学連携し、新規事業開発の体験授業「UNIV.Accelerator(ユニヴァ・アクセラレーター)」を2018年4月より半年間共同で実施いたしました。プログラムでは、新規事業の企画工程の体験、最終プレゼンテーションではチーム対抗のコンテスト形式で実施し、選ばれた最優秀賞企画には、ディップがサービス立ち上げの支援を行います。
 この度、最優秀賞に選ばれた『SHIAI』は、今後デモサイトを用いてサービス提供開始に向けた施策を行ってまいります。

 ディップでは、今後も多くの大学生が事業創造の工程を学び、新規事業立ち上げの楽しさを実感していただく、各大学との連携・体験授業を行う「UNIV.Accelerator(ユニヴァ・アクセラレーター)」をはじめ、あらゆる学生のスタートアップに支援を行うプログラム「GAKUcelerator -ガクセラレーター」( http://ainow.ai/gakucelerator/ )を通じ、日本のスタートアップ企業創出を積極的に支援してまいります。

「GAKUcelerator -ガクセラレーター」とは

 小、中、高、専、大、院、学校を問わずあらゆる学生のスタートアップに支援を行うのが「GAKUcelerator -ガクセラレーター」です。採択企業に対しては、メンタリング、データ、PR、採用、事業資金支援など成長に必要なリソースを提供します。また、万が一事業の継続ができなかったとしても就職支援でセーフティネットを用意しています。現在は学生起業家が減少傾向と言われていますが、資金を含めたバックアップ支援、きっかけやチャンスを提供することで、社会に貢献する企業を若い人材が作っていけると考え、事業開発体験インターンや新規事業開発プログラムの支援を行ってきました。「Gakucelerator」は、その知見を活かしディップが新たに取り組む“起業支援プログラム”です。

参加希望企業は以下専用フォームよりエントリーください。順次ご連絡いたします。
「Gakucelerator」エントリー:http://ainow.ai/gakucelerator/

明星大学 経営学部 伊藤智久ゼミナール 概要

 明星大学経営学部、伊藤智久ゼミナールでは”未来を描き、未来をつくる”をモットーに、「事業創造力」を身につけることを活動目的としています。技術の進歩や社会のグローバル化によって、急速に経営環境が変化する現代では、新しい事業を創造する力が求められています。様々な体験を通した経験学習によって、自らの夢やビジョンを発見し、その実現に必要な知識と技術を身につけられます。具体的には、(1)企業と連携した「製品・サービス企画」、(2)実際にイベントを企画・運営する「模擬株式会社の経営体験」、(3)市場・企業分析を通した「株式投資レポート作成」の3つの活動を行っています。
『伊藤智久ゼミナール』サイト:http://www.mi.meisei-u.ac.jp/teacher/itoh

ディップ株式会社 概要

 ディップ株式会社は、アルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」、総合求人情報サイト「はたらこねっと」、看護師人材紹介サービス「ナースではたらこ」を通じ、求職者と求人企業双方にとって利便性の高いサービスを提供することで社会を改善する存在となる事を目指しています。2004年5月東証マザーズ上場、2013年12月東証一部上場。2018年2月期売上高380億円。

<この報道に関するお問い合わせはこちら>
ディップ株式会社 広報担当
TEL: 03-6628-4070/e-mail: info@dip-net.co.jp

PDFダウンロード