誰でも「業務を自動化」できる 即日導入も可能 環境構築不要、ロボット用パソコンも不要のRPA型プラットフォーム 『Robotic Crowd』を運営するチュートリアル社へ出資

2018年 9月14日

報道関係各位 

 ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮、以下 ディップ)は、SaaS型RPA(※1)プラットフォーム「Robotic Crowd」(https://tutorial.co.jp/)を運営する株式会社チュートリアル(本社:東京都千代田区 代表取締役:福田志郎)への出資を実施いたしました。

 株式会社チュートリアルは、「私たちはRPAを通じて人がより創造的な業務に取り組める社会を目指す」という理念を掲げ、RPA事業を行っています。
 ディップはその理念に共感し、RPAで自動化が可能な業務などをディップの求人情報サービスをご利用の企業さまにもお役に立てることを目的に出資することを決定しました。

■コスト減、即日導入でき誰でも使いやすいRPA

1.png 「Robotic Crowd」は、SaaS(※2)であるため環境構築が不要で、ロボット用のパソコンの用意なども必要ありません。設定についても、“ドラッグアンドドロップ”で直感的にワークフローを組むことができるため、専門知識がなくても即日での導入が可能です。また、業務用途ごとに高いカスタマイズ性も備えています。

 料金は月額課金制で、月10万円から利用可能で、“デスクトップ版”と言われる簡易タイプのRPAソフトウェアと比較して約40%低価格、また、“サーバータイプ”と比較すると90%程度割安となっています。
 その他、文字認識などAI(※3)やクラウドソーシングなどHI(※4)との連携といった外部連携機能も充実させていく計画です。

 今後は、株式会社チュートリアルと共同で商品開発を行い、高成長が予測されるRPA市場での事業拡大を支援していきます。

■株式会社チュートリアル

 株式会社チュートリアルは、ソフトウェアのインストールや設定、サーバー構築が一切不要のSaaS型RPAプラットフォーム「Robotic Crowd(ロボティッククラウド)」(https://roboticcrowd.com)を運営する企業です。該当ソフトウェアは、入門者でもドラッグ・アンド・ドロップでロボット設定ができ、クラウド上ですべて操作ができる、日本では数少ないサービスです。

(※1)RPAとは…Robotic Process Automationの略で、間接業務を自動化するテクノロジーのこと
(※2)SaaSとは…必要な機能だけサービスとして利用できるようにしたクラウドで提供されるソフトウェア
(※3)AIとは…Artificial Intelligenceの略で、人工知能のこと
(※4)HIとは…Human Intelligenceの略で、人の知能のこと

 

(1)

商号

株式会社チュートリアル

(2)

代表者

福田 志郎

(3)

所在地

東京都千代田区麹町一丁目4番4号

(4)

設立年月日

2014年11月

(5)

主な事業内容

RPA事業
コンサルティング事業

(6)

Webサイト

https://tutorial.co.jp/

 

ディップ株式会社概要
 ディップ株式会社は、アルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」、総合求人情報サイト「はたらこねっと」、看護師人材紹介サービス「ナースではたらこ」を通じ、求職者と求人企業双方にとって利便性の高いサービスを提供することで社会を改善する存在となる事を目指しています。2004年5月東証マザーズ上場、2013年12月東証一部上場。2018年2月期売上高380億円。

社名:   ディップ株式会社
代表:   代表取締役社長 兼 CEO 冨田 英揮
本社:   東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー31F
電話:   03-5114-1177(代表)
設立:   1997年3月
資本金: 1,085百万円 (2018年2月末現在)
従業員数:1,735名(2018年4月1日現在の正社員)※派遣・アルバイト・役員除く
事業内容:求人情報サイトの運営、看護師転職支援サービス、LIMEX(ライメックス)製品の販売(※)他
※LIMEX:石灰石を主原料とした「LIMEX」は、紙やプラスチックの代替となる地球環境に配慮した革新的な新素材

<この報道に関するお問い合わせはこちら>
ディップ株式会社 広報担当
TEL: 03-6628-4070/e-mail: info@dip-net.co.jp

PDFダウンロード