東日本大震災の復興を支援するイベント「ツール・ド・東北 2018」 ~ディップ 6年連続で協賛、今年は仙台オフィス開設も~ 「東北を盛り上げる」社内自転車同好会を中心に"北上フォンド" コースを走行

2018年 9月13日

報道関係者各位

 ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:冨田英揮、以下 ディップ)は、株式会社河北新報社とヤフー株式会社が共同で主催する「ツール・ド・東北 2018」へ、シルバーパートナー企業として協賛します。

なお、ディップは同イベントの第1回から6年連続で協賛をおこなっており、今年4月には自社の東北拠点として仙台オフィスを設立いたしました。

TOPlogo.png

「ツール・ド・東北 2018」公式サイト https://tourdetohoku.yahoo.co.jp/2018/

 

「ツール・ド・東北」とは

 東日本大震災の復興支援および震災の記憶を未来に残していくことを目的に、2013年に河北新報社とヤフーが共同でスタートした自転車イベントです。東北の復興を長きにわたって支えていくため、10年継続して開催することを目標のひとつとして掲げており、今年で第6回を迎えます。

 今年は新たに「仙台発グループライド&クルージング」、「南三陸ワンウェイフォンド」の2コースを新設し、宮城県内(仙台市・石巻市・気仙沼市・東松島市・多賀城市・塩竈市・女川町・南三陸町)を舞台として、2018年9月15日(土)・16日(日)の2日間連続で開催いたします。三陸の雄大な自然の中を走りながら、被災地域の「今」を見て感じる事のできるコースで実施されます。また、例年同様、石巻会場では東北グルメの出店やステージイベントが開催されます。

 なお、同イベントを通して得た収益の一部は「ツール・ド・東北基金」に積み立てられ、自転車を活用した東北地方の観光振興やサイクリングロード整備など、東日本大震災被災地域の復興活動への助成金として使用されます。

 同イベント当初から6年連続協賛を行なってきたディップは、2018年4月に東北拠点として初めて仙台オフィスを開設いたしました。東北エリアを盛り上げるべく、社内の自転車同好会を中心に、「北上フォンド」コースを走行予定です。

 ディップは自社で運営する求人情報サイト「バイトル」「はたらこねっと」などを通して、より東北エリアの皆さまを“働く”からサポートします。そして引き続き「ツール・ド・東北」への協賛を通し、東日本大震災の復興を支援してまいります。

 

 

「ツール・ド・東北 2018」概要

【大会名称】ツール・ド・東北 2018(英文名:Tour de Tohoku 2018)
【主催】 株式会社河北新報社、ヤフー株式会社
【開催日時】2018年9月15日(土)、16日(日)
【コース】

9月15日(土)

9月16日(日)

・牡鹿半島チャレンジグループライド

・奥松島グループライド&ハイキング

・仙台発グループライド&クルージング

 

・気仙沼フォンド
・南三陸フォンド
・北上フォンド
・女川・雄勝フォンド
・気仙沼ワンウェイフォンド
・南三陸ワンウェイフォンド

【ライド定員】2日間合計:4,000名
【スタート地点】※コースにより異なります
・石巻専修大学
・気仙沼プラザホテル前
・ジャイアントストア仙台周辺
・南三陸ホテル観洋前
【ゴール地点】
・石巻専修大学

■「ツール・ド・東北」公式Facebookページ
https://www.facebook.com/tourdetohoku/

 

【ディップ株式会社 概要】(https://www.dip-net.co.jp/)

ディップ株式会社は、アルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」、人材派遣求人情報サイト「はたらこねっと」、看護師人材紹介サービス「ナースではたらこ」を通じ、求職者と求人企業双方にとって利便性の高いサービスを提供することで社会を改善する存在となる事を目指しています。2004年5月東証マザーズ上場、2013年12月東証一部上場。2018年2月期売上高380億円。

 

社名:   ディップ株式会社
代表:   代表取締役社長 兼 CEO 冨田 英揮
本社:   東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー31F
電話:   03-5114-1177(代表)
設立:   1997年3月
資本金:  1,085百万円 (2018年2月末現在)
従業員数:1,735名(2018年4月1日現在の正社員)※派遣・アルバイト・役員除く
事業内容:求人情報サイトの運営、看護師転職支援サービス、LIMEX(ライメックス)製品の販売(※)他
※LIMEX:石灰石を主原料とした「LIMEX」は、紙やプラスチックの代替となる地球環境に配慮した革新的な新素材

<報道に関するお問合せはこちら>
ディップ株式会社 広報担当
TEL:03-6628-4070 / e-mail:info@dip-net.co.jp

PDFダウンロード