国内約150名の研究者・大学別研究テーマを集約 AI研究のトレンドが分かる「AI研究室マップ2017」を公開 人工知能キュレーションメディア『AINOW』、「人工知能業界レポート」

2017年 1月31日

報道関係者各位

 総合求人情報サイトを運営するディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:冨田英揮、以下ディップ)は、人工知能キュレーションメディアの『AINOW(アイノウ)』(http://ainow.ai/)にて、「AI研究室マップ」(http://ainow.ai/labmap/)を2017年1月31日より公開いたしました。

ailab.map.png

人工知能に関係する研究者150名を紹介する「AI研究室マップ2017」

 2017年はAI元年と言われるなど人工知能(AI)の注目度は上昇傾向にあり、同時に基礎研究市場への期待が高まっています。一方で、各大学の研究室では実データや予算の確保に苦戦しているとの声をAINOW編集部が取材を進める中で多く伺いました。
 今回の「人工知能業界レポート」は、「AI研究室マップ2017」を公開する事で、AIの導入を検討している企業がAIを研究している研究室を知り、双方のマッチングにつながる事を目的としています。

◆国内のAIに関連する研究室をカテゴリ別に分類
 AIに関連する研究分野を大きく「ロボティクス」「ソフトコンピューティング」「汎用AI」「神経・認知科学」「関連新領域」の5つに分類し、それらを扱う大学の研究室を一覧化しました。どの大学に、どのような専門性を持つ研究室があるのかが一目でわかります。

URL:http://ainow.ai/labmap/

◆研究キーワードのトレンドがわかる
 各研究者の専門性や、得意とすることは様々です。「AI研究室マップ2017」では、各研究者が公表している研究キーワードを収集し、リストにしています。研究室へのリンクも設置しているので、共同研究先を探すだけでなく、学生の進学先検討など様々なシーンで役立てて頂けます。

『AINOW』の「人工知能業界レポート」

 『AINOW』では不定期に、人工知能業界について調査を実施し、「人工知能業界レポート」として発行しています。「AI研究室マップ2017」で、第3回目となりました。今後も人工知能(AI)に関する各種レポートを公開し、ユーザーの皆様が効率よく情報収集できるよう努めてまいります。

※ 「人工知能業界レポート」バックナンバー
第1回:「人工知能業界サービスマップ」(http://ainow.ai/aimap01/
第2回:「AI人材求人レポート」(http://ainow.ai/recruit01/

◆ 『AINOW(アイノウ)』 (http://ainow.ai/)の特徴
1. 日本初のAI専門メディア
今までなかったAIに関する記事だけをテーマに取り扱う専門メディアです。
2. 情報掲載数は1万件以上!日本国内のAIに関する最新ニュースをAIが収集
国内のWebサイトからAIに関する情報を収集、AIに関する情報収集は『AINOW』で完結できるサービスを目指します。
3. 記事をユーザーが評価、探す必要なく役立つ情報が見つかる
ユーザーが役立つと評価した情報が分かるので、効率よく情報収集することができます。

【ディップ株式会社 概要】
ディップ株式会社(http://www.dip-net.co.jp)は、アルバイト情報サイト「バイトル」、人材派遣情報サイト「はたらこねっと」、看護師人材紹介サービス「ナースではたらこ」を通じ、求職者と求人企業双方にとって利便性の高いサービスを提供することで社会を改善する存在となる事を目指しています。2004年5月東証マザーズ上場、2013年12月東証一部へ上場。2016年2月期売上高は267億円。


<報道に関するお問合せはこちら>
ディップ株式会社 広報担当
TEL:03-6862-4633 / e-mail:info@dip-net.co.jp

PDFダウンロード